家まで連れて帰ってください

~
“This is your home, Madoka. I am your home.” Kazuo leaned down slowly and pressed his lips against mine forming a soft, passionate kiss. I sighed and tangled my fingers in his caramel hair staring into his hazel eyes.
“Kazuo-kun… “
“Yes?” The beautiful man above me whispered in my ear.
“Take me home.”
~
「これはあなたの家、まどかです。私はあなたの家です。」和夫はゆっくりと身を乗り出しとソフト、情熱的なキスを形成する鉱山に対する彼の唇を押します。私はため息をついて、彼のハシバミ目に見つめ、彼のキャラメルの髪に私の指をもつれ。
「和男くん...」
「はい?」私の上の美しい男が私の耳にささやきました。
「私を家に取る。」和夫は微笑んで私の首にキスをしました。
"もちろん。"

0いいね
0コメント
441見る
AA

2. 第二章(一雄)

まどかの頭が私の胸に寄り添った、彼の体は私のものに対して寄り添いました。彼は睡眠中にぶつぶつ言う静かに、時折いびきました。私はマンブルズを静かに彼の頭にキスをしました。

Movellasに登録全ての話題を見つけよう. 今すぐ登録しあなたの作品と情熱をシェアしよう。
Loading ...