Hearts of Darkness (Japanese/日本語)

  • by
  • 評価:
  • 公開済み: 20 1 2014
  • アップデートされたもの: 18 3 2014
  • 状況: 処理中
一年の休学の間にキンバリー・コールマンはある“ミッション”に巻き込まれる。それは、45日間の間にあの世界的に人気のあるハリー・スタイルズを元の彼にもどすということ。ここ数ヶ月、ハリーはクラブに出入りし、彼の銀行口座の残高はどんどんと少なくなっていった。グループのメンバーたちはそれを心配し、キンバリーの助けを求めた。ハリーがいったい何をしているのか、誰も知らなかった。一つ確かなことは:今のハリーは世界中の女の子が愛しているあのハリーではなく、グループの将来何て気にしていないということ。メンバーたちが思っているほど、ハリーは本当に変わってしまったのか?キンバリーに与えられた時間は45日。彼女はハリーの奥深くにある秘密を探ることが出来るのか?そして限られた時間の中で元のハリーにもどすことが出来るのか?

0いいね
0コメント
1578見る
AA

13. ✻ "You're good enough."

 

まだ午後7時の少し前だった。ハリーから3日も連絡がなかった。メッセージを送っても返信もなし。もうハリーは私に会いたくないってことかしら。

 

もちろん少し傷ついたけど、それで良かったのかも。ペリエと一緒に過ごせるし、もうベビーシッターもおしまい。

 

彼のことが少し恋しいけど。なんだかんだ言っても、友情みたいなものを築き始めていたし。ハリーを見る目も変わった。認めたくないけど、彼は優しいし、彼といると落ち着いた。

 

ハリーも私と同じように感じていてくれるといいなと思った。私といるときの彼はいつも優しかった。少しいたずらが過ぎることもあるけど。元のハリーに近づいてるって言うことじゃないかしら。

 

OK。少しだけじゃなくて、彼のことをすごく恋しいと思ったことを認めるわ。彼と一緒に過ごした時間、私は特別と感じさせてくれた。—ペリエ以外にも大事な友だちがいるんだと。

 

話をもどそう。今7時前。ルイのところに少し困惑したメンバーのみんなと座っていた。リーアムが来るまでは何も言わないつもりみたい。だんだん不安になった。3日間連絡がなかったのは、ハリーに何かあったから?

 

どうしよう。そうじゃないといいけど。そうすれば捨てられたと感じる必要はないし、いいんじゃない?メディアが騒いだから私を本当に捨てたとか?

 

「大変なことになった。」

 

中に入るなり、リーアムは言った。みんなが彼を見た。

 

「ジェニファーが街に来てる。ハリーに会いに。。。」

 

みんなの表情が変わる様子を見た。

 

「誰なの、そのジェニファーって?」

 

「ハリーの元彼女、」

 

どうでもいい質問に答えるかのようにルイは言った。でも私には大事なことだった。心臓が止まりそうだった。

 

ジェニファー。聞いたことがある。彼女が、あの人が、、、ハリーの元カノ!

 

「よりを戻そうとしているだけかも?」

 

ルイは自分の言ったことに顔をしかめた。

 

「彼女のこと好きじゃないけど、いいのかもな。彼女がハリーを振ってから全て始まったんだし。」

 

親友のことを本当に心配しているようだった。

 

みんながそれについて話そうとしていると、リーアムが大きく腕を動かしたから、私は驚いてイスから落ちそうになった。でも、そのあと彼が言ったことの方が重大すぎて、誰も落ちそうになった私に気づかなかった。—私でさえも。

 

「ジェニファーはハリーを愛してなかったんだ。彼女はハリーを使った。ジェニファーは新しい彼氏を見せびらかしにきたんだ。」

 

彼は本当に不安そうだった。

 

私も時々バカなことをするけど、これは大変なことになると感じてた。ジェニファーが新しい彼氏をハリーに見せに来たって。まだ彼女のこと忘れられてないのに。もっと彼を傷つけることになる。彼を元に戻す私の使命が余計困難になるじゃない!

 

自分の考えにふけって、そのあとのことを聞いていなかった。でも、現実に戻ると、ゼインはリーアムにハリーがそれを自分で言ったのか尋ねた。みんな驚いてたけど、その通りだった。

 

「本当に嫌な女だな!」

 

ルイはそう叫んでテーブルを叩いた。

ああ。

ハリーをもうこれ以上傷ついてはいけない。また立ち直っていないのに!

 

「キンバ—」

 

みんなが私を見た。それを予感していたからは、もうプランを立てていた。

 

「わかったわ。」

 

イスから飛び降りると、私は言った。

 

「みんな準備して。車を回して。クラブに行くわよ。」

 

✘✘✘

「キム、本当に大丈夫?」

 

ナイルがそこへ向かう途中の車の中で聞いた。私のプランにあまり乗り気じゃないみたい。正直言うと、私自身私のプランがどうなるかわからなかった。ただ、もし本当にジェニファーがまた彼の心を傷つけたのだとしたら、ハリーには友だちが必要だって思った。

 

私も彼の友だちの一人。彼のためにそばにいてあげたい。

 

「大丈夫よ。ハリーを見つけたとたんにみんなが飛びつかなければ。—だから、

じっとしててね。私がなんとかするから。」

 

自信ありげに言った。心の中ではどうすればいいかわからなかったけど。この状況からハリーを助けたい。でも、どうすればいいの?

 

運良く、そのクラブはみんなが住んでいるところから遠くなかった。車を停めると裏へまわった。メンバーのみんなを誰にも見られてはいけないから。

 

中に入ると周りを見回した。音楽が鳴り響いてた。いつもよりも人が多かった。でも、ハリーを見つけるのは難しくなかった。金髪の子と大きな男と一緒にテーブルについてる。でも、私の視線が追っていたのはハリーの私を激しく見つめる眼。私に気がついたようだった。

 

胸の中で心臓が強く脈打つのを感じた。ハリーは怒ってるの?

 

ハリーはゆっくりとジェニファーの方を振り返った。ジェニファーが何かハリーに訊いていた。私は他のみんながいる片隅を眺めた。みんなはハリーに注目していた。眼には哀しみが溢れていた。みんな親友である昔のハリーが恋しくて仕方ないんだ。。。

 

「ああ、まったく。」

 

独り言を言って、ハリーのいるテーブルに近づいた。ジェニファーがハリーに恋人はいるのかと訊いたところだった。

 

私が座るとみんな私を見た。私が満面の笑みを浮かべると、ハリーがほっとしているのを感じた。いい感じじゃない?

 

でも、三日も連絡して来なかったのよ!

 

今はそんなこと考えてる場合じゃない。今はハリーのこと。私じゃなくて。

 

「キム、」

 

ハリーが私を紹介すると、ジェニファーに手を差し出した。

 

「キムって、何かの略?」

 

ジェニファーのその声に嫉妬が感じられた。笑いそうになった。ハリーは私を紹介しただけなのに。—彼女の前でキスした訳でもないでしょ?それも面白いかも。彼女はいまいましそうだった。彼女の完璧な痛んでいない髪が私にはいまいましかった。

 

「あなたは私のことをあだ名で呼ばなかった、ハリー、」

 

むせそうになって、咳をした。誰も気づかなかったみたい。急に隣に恋人がいることを思い出したみたい。

 

「ブラッドはいいわ。私のことジェンって呼ぶの。」

 

彼女は誇らしげに笑った。笑いを一生懸命こらえた。

ジェン。。。何てクリエイティブな名前なんでしょ。彼女の名前の最初の三文字。まあ、素敵ななま。。。キム。そう言えばキムも私の名前の最初の三文字。

 

OK。これはカウントに入らないわね。でも、私のほうが響きがいい。キムはアリだけど、ジェンはないわ。

 

「で、君は誰?友だち?」

 

そうブラッドに訊かれて現実に引き戻された。

戸惑ってるハリーを見た。彼の視線が私の上を泳いでいった。彼の眼に不確かさが見えた。ハリーらしくない。

 

「つきあってるの。」

 

その場を支配していた静けさからハリーを救った。ハリーの顔に笑顔が浮かぶと同時にジェニファーの顔に嫉妬が現れた。

 

いい気味ね。ハリーを傷つけるようなことをして、ただでは済まないわよ。

 

「どうやって出会ったの?」

 

それにはいい答えが浮かんでた。

 

「私の親友が引き合わせてくれたの。それ以来、気があって。」

 

うっとりしたように見上げて、私に微笑んでいるハリーに視線を向けた。彼が手に触れても大丈夫か訊くように慎重に私の手を取った。私が手を引っこめずにいると、彼が手を握った。

 

「じゃ、愛し合ってるの?」

 

ジェニファーはその質問で私を驚かせた。そんなの彼女には関係ないでしょ?

 

またハリーの眼が少し泳いだ。どうしてこんなことをするの?どうして彼女は私の知っている中で一番魅力的なこの人をこんなに不安にさせるの?彼はこんなじゃない。なんて嫌なヤツ。

 

ジェニファーは相手を間違えたわね。私はキムよ。こんな嫌なヤツ。ハリーに勝ったなんて、ここから誇らしげに喜んで帰させないわ。

 

私は優しく微笑むと視線をハリーに向けた。驚いたことに彼も私を見てた。私たちの顔は思っていたよりも近くて、ジェニファーが憤慨してるのを感じた。それからハリーの唇に情熱的なキスをした。—どうしてかなんて訊かないでね。

 

二つのイスが引かれる音がした時、私が本当はこれに幸せを感じていることに気がついた。私は少し身を引いた。ここがどこか、私が誰とキスをしていたのかに気がついて。

 

ジェニファーとブラッドが去ったあとの席を見て、ハリーに微笑んだ。

 

「うまくいったわね。」

 

そう言って、ハイファイブをしようとすると、ハリーがためらった。

 

「ありがとう、キム、」

 

ハリーは私の眼を覗き込んだ。

 

「彼女の顔見た?」

 

笑ってテーブルを叩いた。でも、ハリーはまだ静かだった。

 

「どうしてボクがここにいるってわかった?」

 

ゆっくりと微笑むのをやめ、唇を噛んだ。

 

「えっと、あなたが3日も私のことを無視するから、」

 

そう私がいうと、ハリーは少し眼を細めた。なに?

 

「だから、あなたが何をしているのか何と思って。こんなふうに私のこと拒否しないでちょうだい!」

 

そう言って腕を組んで、彼を見て笑った。それを見て彼も私が本気では怒っていないことがわかったみたい。ジェニファーのことがあったあとに、怒れないわ。ジェニファーの顔ったらなかったわ!

でも、ハリーは喜んでいるようには見えなかった。何で?!

 

「ちょっと元気出してよ。」

 

彼を軽く叩くと、ハリーは少しだけ笑った。

 

「ちょっと来て。踊りましょう。」

 

ハリーが答える前にダンスフロアーに彼を引っ張りだした。だそうとした。彼がゆっくり歩き出すと彼の視線が他のメンバーたちに止まっているのを見た。彼は混乱しているようだった。

 

「リーアムがあなたがここだってこと教えてくれたの。あなたが返信くれないから。ほかの人に聞くしかなかったの。」

 

私は後ろから彼の方に手をおくと、彼に微笑んだ。

 

「みんながここにいてくれて嬉しいよ。」

 

彼は私に微笑みかえして、手を取った。私は視線を他のメンバーたちに移した。彼らも笑っていて、まるで夢のようだった。全てがうまくいっていた、今は。—みんな踊ろう。

 

✘✘✘

 

こうして、ただの夜が、みんなで酔っぱらう夜になった。私はあまり飲まないから、私はそんなに酔ってはいなかったけど。酔っていたのは、ハリー、それに他のみんな、リーアム以外の。

 

みんなで一緒に話して、一緒に笑った。笑わずにはいられなかった。私は今のハリーしか知らなかったけど、元のハリーに戻らなくてはいけなかった。ルイも大好きだったハリーに。

 

みんなは飲んで、酔って、素敵だった。

 

私もそのうち家に帰らなくては行けないと、ふと、ポケットに手を入れると、あるはずの鍵がなかった。

 

うそ。

 

唇を固くかんで、頭を振った。一緒に踊っていたナイルに他のみんなのところに行くと言った。どこかに泊めてもらわないと、それともゼインにペリエのところまで送っていってもらおうかしら。

ああ、ありがちなミス。

 

「ねえ、」

 

彼らの会話を止めた。

 

「どうした?」

 

嬉しそうなルイに、私は一瞬だけ大きな笑みを浮かべて、すぐに真剣な顔をした。

 

「かぎ忘れた。うちまで誰か送っていって。出来ればペリエのところ。」

 

要求し過ぎだって自分でもわかってた。

 

「だったら、、、」

 

ゼインが何か言おうとすると、ハリーが遮った。

 

「うちに泊まれば、」

 

彼は私に微笑んだ。みんながハリーと私が付き合い始めたと思ってるとハリーは思っていたから、いかないとも言えなかった。そうしたらハリーは不思議に思い疑うだろうし。

 

「ありがとう。」

 

ハリーに笑顔を作るとルイも笑顔になっているのを見た。でも、ちょっと複雑な顔。

 

ドリンクに手を伸ばした時、それを飲みたいと思っていないことに気がついた。

 

「帰りたい時、言って。」

 

ハリーが言うのを聞いた。大きな眼をハリーに向けると、

 

「もし、今って言ったら、だめかしら?」

 

疲れていて、帰りたかった。

 

ハリーが首を横に振ると、彼のカールした髪がゆらゆらと揺れた。みんなに帰ると伝えると、

 

「またね、キム!」

 

とナイルが叫んだ。リーアムも何か言っていたけど、聞こえなかった。

 

「上着は?」

 

首を振るとハリーは笑ってドアを開けた。彼はまっすぐ歩いていなかった。酔っていた。

 

「ハリー!」

 

大きな声が聞こえた。メディアにはハリーがいつも行く場所を知られていることをすっかり忘れてた。

ハリーは素早く私を引き寄せると、すまなそうな眼を私に向けた。

 

「ハリー、キンバリーでしょ?付き合ってるの?」

 

そうさけんで写真を取った。ハリーは私の手を取ったままだった。私もどう思われようと関係ないと思った。

 

さっきキスもしちゃったし。

 

そこからあっという間だった。タクシーに乗る込むと、深く座り天井を見上げた。

 

「よく我慢できるわね、」

 

笑ってハリーを見ると彼も優しく微笑んだ。

 

何かが彼を煩わしているようだった。何で彼は突然また悲しそうなの?

もしこれが映画なら、巻き戻しできるのに。帰り道はとても静かなものだった。

 

ハリーの家に着くとやっとリラックスできた。

 

ハリーがソファーに準備をしている間、キッチンに行って水を飲んだ。本当に疲れていた。でも、混乱もしていた。ハリーはジェニファーが彼を使ったと言った。—彼のことなんて愛していなかったと。でも、なぜ?どうしたら彼を愛さずにいられるの?私は彼を愛している訳ではないけど、でも、あんな風に傷つけることなんて。。。

 

ハリーは優しい人。その彼を使う何て。—ジェニファーにこの素敵なハリーのことをもっと知る資格なんてない。

 

彼のことをもっと知りたいと思った。本当に。ああ、ジェニファー嫌い。

 

「ソファーに寝られるようにしたから。それともベッドに寝る?」

 

振り返ってはっとした。ハリーが黒いTシャツとショーツに着替えていた。彼を見てゆっくり頷いた。

 

彼の緑色の瞳が私に向けられ、彼はドアにもたれかかった。

 

「キム、今夜はありがとう。してくれなくてもよかった。」

 

そうつぶやいて、遠くを見た—また彼の不確かさが現れた。

なぜ?ハリーはこうじゃなかったはず、それとも、これが本当のハリーなの?それともジェニファーが彼をこう変えたの?

 

私はグラスをテーブルにおくと彼の方へ近寄った。

 

「あなたを助けたいの。」

 

静かに言いながら、もっと近くへ行った。彼は頷いて、瞬きをした。

 

こんなに傷つきやすい彼を見るのは耐えられない。でも、今ならそれを逆手に取れる。

 

でも、私には出来ない。ジェニファーみたいにすることはできない。ジェニファーが彼に何をしたのか突き止めて、彼を助けなきゃ。

 

「ハリー?」

 

彼に近づくと、彼は私をゆっくりと見て私の視線を捕まえた。それとも私が彼の視線を捕まえた。

 

「なぜ、彼女にあんなことをさせておくの?」

 

つぶやくように静かに言った。

 

彼のまなざしが変わるのが見えた。これは彼の話したくない話題。

 

「あんなこと?」

 

とぼけたように言った。それが演技だと私にはすぐわかった。だから肩をすくめた。

 

「話して。あなたがそう不安になるのは彼女が何をするからなの?」

 

私はさらにもう一歩近づいた。ハリーが反応した。

ハリーが突然小さくなったように見えた。彼が自分の周りに築いている壁を一瞬壊したような気がした。

 

「彼女はボクを使った。ボクは何も出来ない。キム。」

 

そう言って、後悔しているようだった。彼の壁は崩れていた。こんな彼を見るのは耐えられなかった。気の毒だった。このままにはしておけない。

 

「あなたには価値があるのよ。ハリー。」

 

低くそう言って、手を彼の頰に当てた。私の冷たい手に比べたら、彼は本当に暖かかった。

 

私の言葉は彼に変化を与えなかった。彼は私に対して正直にまっすぐに向き合っている。私にはどうしたら彼が私の言葉を信じてくれるのかわからなかった。

 

「だったら、」

 

彼はそうつぶやいて私を見た。彼は顔を背けようとした、でも私は優しく顔を押さえると彼の頰をなでた。

 

「彼女にあなたを操らせてはだめ。あなたはいい人よ。もちろんよ!あなたはハリー・スタイルズなのよ。」

 

彼の名前を言った時、全てを壊してしまったようだった。彼の体が固まった。

 

「だから、ボクを受け入れてくれないの?」

 

彼の声はとても低かったけれど、私にはちゃんと聞こえた。口が渇いた。ゆっくりと手を彼から離して、一歩下がった。

何で私に矛先が向かってくるの?

ジェニファーのせいね。ジェニファーが彼の自信をなくさせた。そして私が彼を受け入れなかったから、彼はそれを負けだと思ってる。

 

「あなたの名前のせいじゃないわ、ハリー。」

 

自信あるように言った。彼の眼が私の眼を見つけた。こんな彼を見るのは心が痛んだ。私は人を慰めるのが苦手だった。

 

「じゃ、なんで?」

 

彼は続けた。心の中でため息をついた。

 

「私はポップスターにはあわないのよ、」

 

自分自身を止める前に、言ってしまった。

 

もし、彼を近づけさせたら、自分では止めることが出来ないから。

 

「あっ。」

 

私は口ごもった。ハリーは困惑したように私を見ている。私は一歩ハリーに近づいた。私の手はハリーの首にまわり、そのあと、彼の唇が私の唇に近づいた。

 

そして、彼はためらわずにもう一度キスをした。彼は私の腰に手をまわすと私を抱きしめた。

 

彼の唇は私の唇に完璧に合っていた。これはきっと間違い。でも、こんな彼を見るのは気の毒だった。私は誰かを支えて生きることが苦手だった。たぶん、このまま彼と、、、

 

今まで彼に辛くあったって来たけど、今そうする理由はない。私の一部はこれから起こることを望んでいたし、ハリーを助けたかった。

 

彼はいい人。ジェニファーに彼をこんなふうに傷つける権利なんてない。彼はもっといい扱いを受ける価値がある。

 

「キム、」

 

ハリーは私の口元につぶやいた、でも、私は首を振ると、手を彼の胸に当てた。

 

あっという間だった。私はハリーをベッドに押し倒すと、彼の上に重なり、キスをした。

「ハリー、あなたはいい人よ。」

 

説得するように力強く言った。彼は何も言わなかったけど、聞こえたのは確かだった。

 

私何を言ってるんだか。『私はポップスターにはあわないのよ』

彼のまなざしも、彼の素敵な立ち居振る舞いも。ハリーに恋していないからって、後悔はしない。私はよくわかってた。ハリーはまだ付き合う段階ではないし、私は傷ついてる人とはつきあえない。でも、今はこれが2人に必要なことだった。

 

✘✘✘✘✘✘✘✘✘✘

どうでしたか?日本語でのコメントお待ちしてます。

気に入ったらぜひLike押してください。

その数が増えれば、他の人気のあるストーリーも

日本語に訳すことが出来るので、

よろしくお願いします。

 

 

Movellasに登録全ての話題を見つけよう. 今すぐ登録しあなたの作品と情熱をシェアしよう。
Loading ...