Hearts of Darkness (Japanese/日本語)

  • by
  • 評価:
  • 公開済み: 20 1 2014
  • アップデートされたもの: 18 3 2014
  • 状況: 処理中
一年の休学の間にキンバリー・コールマンはある“ミッション”に巻き込まれる。それは、45日間の間にあの世界的に人気のあるハリー・スタイルズを元の彼にもどすということ。ここ数ヶ月、ハリーはクラブに出入りし、彼の銀行口座の残高はどんどんと少なくなっていった。グループのメンバーたちはそれを心配し、キンバリーの助けを求めた。ハリーがいったい何をしているのか、誰も知らなかった。一つ確かなことは:今のハリーは世界中の女の子が愛しているあのハリーではなく、グループの将来何て気にしていないということ。メンバーたちが思っているほど、ハリーは本当に変わってしまったのか?キンバリーに与えられた時間は45日。彼女はハリーの奥深くにある秘密を探ることが出来るのか?そして限られた時間の中で元のハリーにもどすことが出来るのか?

0いいね
0コメント
1575見る
AA

10. ✘ "I thought couples told each other everything."

 

キムと話したいことがたくさんあった。

1)ボクの彼女として報道されたことをどう思っているか、

2)(重要)何でボクにみんなで嘘をついていたのか。

その嘘の裏には何かあるはずだ。そうじゃなかったら、どうしてキムはペリエの親友のいとこだなんて言うんだ。そんなことをベッドで考えて夜を過ごした。かなり酔った頭でそんなことを考えるのは難しかった。いろいろな考えが飛び交っていたので、ふと、何ヶ月か前にゼインがキンバリーという名前の子のことを話していたのを思い出した。ボクはペリエの親友、キムのいとこのことを聞いたことがなかった。だから、メディアの言うことをボクは信じた。ああ、単純だな、お前は。ハリー。わかってるよ。でも、それは本当だった。

 

噂をすれば影。携帯が光った。時間は10時17分。こんな時間にキムが電話してくるなんて?アルコールで頭が重かった。彼女にも伝わるかと思うくらいに。

 

「よう。」

 

アルコールと怒り。それが今朝キンバリーが受け取ったもの。電話の向こうが静かだった。

 

「今日会えないかなと思ったんだけど?」

 

心の中でため息をついた。彼女は昨日の続きをしようを思っているに違いない。何も悪いことはない。何も起こらなかったかのように話せばいい。問題なのは状況が変わったことだ。ボクは珍しく良く考えた。キムと他のみんなは何かを企んでいた。

 

「今日はだめ。」

 

キムはボクの返答に不満そうだった。

 

「もし、あなたが私をこのメディアの状況から助けてくれようとしているなら、それは関係ないから。」

 

そう彼女は言った。記事のことを彼女は読んだのだろうか?もし読んだのならそこにあった真実について考えなかったのか?たぶん考えていないんだろう。

 

「でも、今日は無理。」

 

キムはわかったようだった。

 

「そう、OK、じゃまた別の日ね?」

 

彼女は電話を切った。ボクは彼女のことをむげにした自分に腹が立った。でも、謝る気はしなかった。彼女の方がボクに借りがあった。それは彼女が昨日誰もボクと寝たがらなかった理由だから。ボクに彼女がいると良くないからだ。

 

「くそメディアめ。」

 

そうつぶやいた。今日何をしようかと考えながら立ち上がりながら。今日は特に予定がなかった。

 

何時間か経って、二日酔いがましになってくると、ザックから電話があった。ザックはボクにアドレスを言うとボクが来ることをただ待った。他にどうしようもなかったし、用事もなかった。彼がボクの頭を引きちぎる前に彼に説明しなければいけなかった。

 

午前中だったけど、裏通りは暗かった。ザックの言っていた場所を見つけた。暗くて何も見えなかったけれど、彼がいることはわかった。他にも誰かいることも。

 

ザックとタイラー(?!) が電灯からの弱い光に照らし出された時、すぐにわかった。

 

「良かったよ、お前が来て。ハリー。」

 

タイラーを見た時、ザック自身がいると思わなかった。こういう場所にはザックは来なかった。

 

「ここで何してんだ、タイラー?」

 

ザックが笑い声を上げた。その笑いにボクは彼を睨んだ。

 

「こいつは、今また買ったんだよ。借りが増えたな。」

 

ザックは、ボクがタイラーに怒って、いつになったらやめるんだ、ばかやろう、という眼を送ったことを楽しんだ。ボクがばかやろうとタイラーのことを呼んだのに気がついたかどうかはわからない。

 

「金だせよ。」

 

仕方がなかった。ザックには護衛がついて来ているだろう。彼を守らせるために、そして確実に金を回収出来るように。

彼の言う額を書いてチェックを渡した。タイラーは感謝もしなかった。

 

「ボス!」

 

やっぱりだ。ザックは護衛というか舎弟にいつも囲まれていた。筋肉の隆々とした男が明かりに照らし出されたとき、ボクは目を疑った。その男が肩に担いでいるのが誰なのか、わかるまで何回か瞬きをした。

 

「キム?」

 

声に驚きを隠せなかった。その男はキムをおろした。

 

「この女が立って、覗いてました。」

 

その男が言った。

キムは気高さを保って、腕組みをして、その場を眺め回した。そして、視線をボクに投げると怒ったように言った。

 

「ドラッグ、ハリー?本気なの?」

 

彼女は怒って苛立っていた。それと瞬間にもう一人ボクがドラッグをやってると思っている人が増えた。

ボクが彼女に何か言いかけると、ザックは素早く彼女に近づいた。

 

「見たか?またハリーがきれいな子をつかまえたぜ?」

 

ザックが彼女の周りを歩き、優しく彼女の頰をなでると、キムは少しおびえたようだった。

 

「キンバリー・コールマンだ。」

 

タイラーから聞こえた。自動的にボクは眉をひそめて彼を睨んだ。何で言うんだ?

ザックはこうかつに笑い、

 

「そうか、キンバリー。」

 

「やめて!」

 

キムはザックの手を払った。彼女は態度を崩さずに、キンバリーであろうとした。でも、それが不可能だということをボクは知っていた。特に、ザックが彼女に目を付けた今では。彼女はこんなところで何をしていたんだ?

ボクのあとをつけてたのか?

護衛の一人がキムが逃げられないように、彼女の腹部に腕をまわした。その瞬間、彼女の目が不安の色に変わった。彼女が助けを求めてボクを見た。でも、ボクは何も出来なかった。

 

「キム、ハリーはこう呼んだな。いいか、誰も、ザック・スティールに話しかけるな。」

 

ザックは両手でキムのあごをつかむと彼女の視線が彼を見るようにさせた。ボクは今キムが何を思っているのか考えたくなかった。気が狂いそうだった。ボクが何とかしなければ。ザックには護衛がいるし、彼はボクのことを忌み嫌い、ボクの人生がだめになるかもしれない。でも、キムがザックに頰を触られ、額にキスをされるのを見るのは、耐えられない。ボクには彼女を守ることしか考えられなかった。

 

そうだ、彼女はボクに嘘をついたけど、それは彼女がこんな仕打ちを受けるほどのことではない。

 

「ザック、彼女をはなせ。」

 

ザックの目が光った。ボクを振り返った。護衛の男がキムをつかむとザックが近づいて来た。

 

「俺に話しかけるなって言ったのが、わからねえのか?」

 

ボクは彼を睨みつけた。

 

「いいか、お前自分の立場わかってんのか。」

 

ザックが目をそらしたその隙にボクはキムを見た。キムに護衛に噛みつくようサインを送った。逃げなくては。彼女に通じたか?

 

「いて!」

 

イエス。やった。そこからはあっという間だった。噛まれた男が手を押さえている間にザックは焦って周りを見回し、タイラーはただのタイラーで、その場に立ち尽くしていた。ボクはキムに走り寄ると彼女の手を取って逃げた。道には車が溢れていたのに、こんな時に限ってタクシーが全くいなかった。ザックの叫ぶ声が追って来た。今しかなかった。彼女と素早く視線を交わすと彼女の眼に緊張と感謝が感じられた。ロンドンの街を駆け抜けた。誰かが今のボクを見たら、すごく奇妙にうつるだろう。ハリー・スタイルズが、逃亡アクションのようにごつい男たちに追われながら、ロンドンを走り抜けている。もしボクたちが俳優だったら映画のシーンのようだった。

 

「こっちだ!」

 

ボクは叫んだ。すぐその角、二つの建物の間に狭い路地があることを知っていた。ボクが彼女を引っ張ってそこに隠れるまで、彼女はその路地に気づかなかった。ゴミ箱の後ろに隠れた。2人の男がそこを通り過ぎて行くのを見た。もう大丈夫だ。

 

「ハリー、あなたの人生がこんなに危険だなんて知らなかったわ。」

 

キムは息を整えながら言った。彼女が少し落ち着いたら、怒りがボクに向かって爆発するだろうと思った。その通り:

 

「何やってんのよ!ドラッグなんて、あぶないだけ。見たでしょ、どうなったか。」

 

彼女の眼を見るために立ち上がって、ボクも息を整えた。

 

「聞けよ。キンバリー。もしそれが本当に君の名前なら。君はボクに説明する必要があると思うけど?」

 

キムは片方の眉を上げると、

 

「これ以上のものがあると思うの?」

 

彼女は腕を少し振ると、その距離の近さに、ボクたちが狭い路地に立っていることを再確認した。

 

「ペリエの親友のいとこ、何で?」

 

ボクの意味してることを理解したようで眼を伏せた。

 

「嘘はやめてくれ、キンバリー。」

 

ボクは彼女がすべてを話してくれると思っていた。けど、違った。彼女は賢く、一つの見事なアイデアを提案して来た。ボクに取っては見事とは言いがたいが。むかつくな。

 

「あなたが全てのことを話すまで、私は何も話さないわよ。でもあなたがドラッグをしていないってことはわかったわ。」

 

一つの考えが交差した。もし、もしかしたら彼女は信じてくれるかもしれない。ドラッグをやってるのはあのタイラーだってこと。でも、まだだめだ。ボクは彼女が言ったことを思い起こして、タイラーのことを話すのをやめた。彼女の秘密を知っている奴らが他にもいた。彼らに聞こう。もし他のやつも口を開かなかったら、言ってやろう。教えないなら、コンサートに参加しないと。よし、いい考えた。

 

「恋人同士は何でも話すものだと思ったわ。」

 

片方の眉をあげて彼女を見た。恋人?彼女は—

 

「メディアが騒いでるの知ってるでしょ。」

 

ああ、彼女の考えていたのはメディアのことか。ばかだな。もちろんボクは彼女がボクたちが恋人になることを考えているのかと思った。ボクにはまだ無理だった。ジェニファーのあと、まだ。彼女は恋人という言葉を別の意味で使った。ボクにはその意味以外に考えられない。

ハリーの辞書には:

愛—お前をだめにする病気

とある。だめだ、愛、ボクは今そんな場合じゃない。キムがボクをいつか変えるとしても。なんでボクはこの子を助けたいと思ったんだろう。ああ、もう忘れよう。彼女が僕を好きになるはずがない。そう考えれば傷つくこともない。たぶん僕がキムを好きなのはそのせいかもしれない。彼女はボクに口説かれないことがわかっていた。彼女が僕を好きにならなければ、彼女はボクを傷つけることもない。完璧だ。

 

 

✘✘✘✘✘✘✘✘✘✘

どうでしたか?

コメント待ってます。日本語でも英語でも構いません。

 

 

Movellasに登録全ての話題を見つけよう. 今すぐ登録しあなたの作品と情熱をシェアしよう。
Loading ...