Hearts of Darkness (Japanese/日本語)

  • by
  • 評価:
  • 公開済み: 20 1 2014
  • アップデートされたもの: 18 3 2014
  • 状況: 処理中
一年の休学の間にキンバリー・コールマンはある“ミッション”に巻き込まれる。それは、45日間の間にあの世界的に人気のあるハリー・スタイルズを元の彼にもどすということ。ここ数ヶ月、ハリーはクラブに出入りし、彼の銀行口座の残高はどんどんと少なくなっていった。グループのメンバーたちはそれを心配し、キンバリーの助けを求めた。ハリーがいったい何をしているのか、誰も知らなかった。一つ確かなことは:今のハリーは世界中の女の子が愛しているあのハリーではなく、グループの将来何て気にしていないということ。メンバーたちが思っているほど、ハリーは本当に変わってしまったのか?キンバリーに与えられた時間は45日。彼女はハリーの奥深くにある秘密を探ることが出来るのか?そして限られた時間の中で元のハリーにもどすことが出来るのか?

0いいね
0コメント
1578見る
AA

14. ✘ "How would you feel if I kissed you?"

 

ここの4日間は久しぶりに本当にいい日々だった。キムと他のメンバーたちと時間を過ごした。クラブにはいかないで。今朝になって、ザックからの電話が鳴った。彼は憤慨して金をすぐに持ってくるように言った。ここのところいい日が続いていたから、すぐに金を払うことを決めた。ザックにボクのところへ来て欲しくなかった。

 

すぐにキムにメッセージを送った。今日はキムと一緒に過ごす予定だった。まだ3時だったから、クラブに少しよることにキムは反対しなかった。—何も起こるはずがない。

 

ボクは寝室に行くと何日か前に起こったことを思い返した。彼女の隣で目が覚めたときの彼女の美しい顔をはっきりと覚えていた。彼女は穏やかに眠っていた。彼女の茶色の髪が彼女の眼にかかっていた。ボクがその髪をかきあげると、彼女は目を覚ました。あんなに美しい彼女を見たことはなかった。彼女の気がつくまでの数秒間、ボクは彼女の存在を楽しんだ。でも、言ったように、それは長く続かなかった。何が起こったのか彼女が思い出したから。彼女は2人とも酔っていたことを言い訳にしたけれど、そうだとしても、ボクは後悔していなかった。だってそれは、まだボクにもキムをモノにするチャンスがあるってことだから。ただの友だち以上の。だから、まだボクは戦い続けていた。

 

「ここに何の用があるの、ハリー?」

 

クラブの前に立ち止まった。キムが居心地が悪そうに言った。彼女はここにいい思い出はなかった。それはよくわかる。

 

「大事なことじゃない。すぐに戻ってくるから。」

 

肩をすくめてそう言うと、彼女に笑顔を向けた。彼女が聞き返してくる前に。彼女に答えることはできない。

 

「ハリー!」

 

ザックのもとへ呼ばれた。満足げな笑みを浮かべてボクをジロジロと見た。青あざか消え去ったことにイラついているだろう。ボクへのマーキングが消えた。

 

「金は?」

 

誰からも見られないように、気をつけた。ポケットからサインを書いたチェックを出そうとした瞬間、もう片方のポケットの携帯が鳴った。戸惑いながら、届いたメッセージを見た。キムが外で待っていることを忘れてはいなかった。そしてそれは彼女からだった。

 

気をつけて。

 

その何気ないメッセージに、ボクは眉をしかめた。ボクがザックと話すのを見たのか?部屋を見回した。窓にはカーテンがかかっていて、彼女からは見えない。ボクが見たものは、一人の金髪の女性。ボクに背を向け、バーで何かを頼んでいる。

 

「おい?金。」

 

そう言って手をボクの顔に伸ばした。ため息をつきながら、ポケットからチェックを取り出した。ザックはそこにある高い金額とボクのサインを見つめると、満足そうに笑った。ザックが薄汚い一室で最後を迎える日、ボクは何かを買って祝うだろう。車に、家に、パーティー。大騒ぎしてやる。

 

「いい仕事してるよ、スタイルズ。」

 

ザックは満足げに頷いてバーを離れた。

ボクは時計を見た。そんなに時間は立っていなかった。キムも疑わないだろう。でも、出口の前で止められた。ボクに背を向けていたあの金髪の女性。

ジェニファーだった。

 

ボクの前に立ち、ボクをジロジロと眺めた。彼女は今日一番高いヒールの靴を選んできた。ボクより高い。彼女は文字通りボクを見下した。僕はこれが嫌いだった。ボクたちは見つめ合った。彼女の瞳は勝ち誇ったように光り輝き、ボクの瞳はうつろだった。ボクがまだ一人では彼女に勝つことが出来ないことを彼女は感じていた。キムなしでは。ボクの秘密兵器。

 

「さっきの男と何してたの?」

 

そう言ってドリンクを口元に持っていき、ストローで飲んだ。

ボクは何か別の見るものを探した。彼女の手口だった。彼女はまだ忘れていなかった。彼女は今回勝ちにきていた。

 

どう答えていいかわからず、その辺のイスに目をやった。どこまで見ていたんだろう?チェックも見たのか?ジェニファーはいつもほしいものは手に入れた。ここから早く離れなくては。特に、彼女が今ここでほしいものがボクだから。まだ彼女に抵抗できない。

も、突然、ある力が溢れてきて、彼女を通り過ぎようとした。でも、うまくいかなかった。彼女はボクの胸に手を当ててボクを止めた。

 

「私、あなたが何をしていたか見たわよ。ハリー。あなた本当にそこまで落ちぶれたの?」

 

いつもより大きな声を出して、そこにいた何人かの人の前でボクをおとしめようとした。

 

「君が思っているようなことじゃない。」

 

今回は彼女に眼を合わせた。ボクの中で、何かがもう充分だと言っていた。仲間たちはボクがドラッグをやっていると疑った、キムが疑った、そして、ジェニファーがボクをドラッグのことで非難している。もう我慢できない。

 

「キムと約束があるから、」

 

そう言ってその場を離れようとした。

でも、ジェニファーはまだ終わっていなかった。何かを言いかけた時、より美しい茶色の髪の女性が入って来た。

 

キムはジェニファーとボクの方へ近づいてきた。ジェニファーはボクの目が輝くのを見ると、不満そうに言った。

 

「またあなた?」

 

キムはボクの隣に立った。

 

「いつも邪魔するのね。」

 

ジェニファーは髪をかきあげるとあきれた顔をした。

 

「お邪魔だった?いい、ジェニファー、」

 

そうキムが言い始めて、彼女の名前を何かの病気でも言うように発音した。

 

「いつになったらわかるの?ハリーはあなたとは終わってるの。」

 

キムは不機嫌そうにジェニファーへの怒りをあらわにした。

もしこれが別の日だったら、キムが助けに来たことを喜んだだろう、でも、今は違う。自分の不安に勝ってジェニファーに抵抗しようとしていたところだった。でも、キムが来たから、そこまでいかなかった。

 

「ハリーはね、私と話をするのが好きなのよ。彼、あなたに言わなかった?」

 

満面の笑みを浮かべてジェニファーは言った。

うそつき。

 

「好き?その反対でしょ。」

 

ジェニファーの顔に指を向けてキムが言った。

 

「あなたみたいな嘘つき女がいなかったら、どれだけ世界がましになるか。」

 

彼女がこの言葉を言うのを待っていたことをボクが感じた時、キムはそう言った。

 

「キム、」

 

とつぶやいて、彼女の手を取った。彼女はもう少しでやりすぎるところだった。それをボクは望んでいなかった。

 

ジェニファーは息をのむと、キムの指を払うように、手に持っていたグラスと床に叩き付けた。

 

「あなただってろくなもんじゃないわよ。めぎつね。」

 

ジェニファーはキムの顔に向かって怒鳴った。

ああ。

ジェニファーの叫びにどうキムが微笑んだかを見た。ジェニファーがこういうことを言うのを待っていた。キムが何かを言い返そうとしたとき、ボクは止めた。まだ4時にもなっていないのに、このケンカが大きくなるのを見たくなかった。キムは殴り合ったり、青あざを作ったりするボクのこの環境に身を置いてはいけなかった。ジェニファーにはその気になれば、それが出来ることをボクは知っていた。空手有段者の金髪女には注意が必要だった。

 

止めろよ。ハリー。ジェニファーはもう過去の人だ。

 

突然ボクは気がついた。自分の奥にある考えに。そして、眼を見開いた。そうだ。ジェニファーにボクの人生を悪夢になんかする資格はない。

 

「もう止めろ。」

 

大きな声を出した。お互いの悪口を言い合っている2人に聞こえるように。2人の間に割って入った時、キムはジェニファーよりも驚いた顔をした。キムを背にボクはジェニファーの狡猾な眼に向き合った。すぐにその眼は光った。彼女がまたボクの自信をなくしたことに成功したと思って。

 

「ジェニファー、もうボクを訪ねてくるな。」

 

ボクの声は穏やかだった。ジェニファーの眼の輝きはものを言えなくなった。彼女は眉を吊り上げて、眼を見張った。

 

「君は充分ボクの人生をだめにした。もうこれ以上は我慢できない。わかったろ?」

 

心の奥深くに隠れていた考えが表面に浮き上がり、会話の流れに乗って溢れ出た。何でこんなことを認めるのにこんなにも長い時間がかかったのだろう?

 

「でも、ハリー、—」

 

ジェニファーは媚びるように言ってきたが、意味がなかった。

そう、ジェニファーはすごく美しい女性だったけれど、それは外側だけ。内側は全く違った。今になってやっと気づく何て。

 

「もう止めておけよ。ボクにはキムがいる。これ以上の幸せなんてない。」

 

その言葉とともに、自分では信じられないことをした。自分がこれを出来るなんて。

 

ジェニファー・ロバーツから立ち去った。

 

「すごい。ハリー、わかってる?あなたが今したこと。」

 

空気が今までになく新鮮できれいな感じがした。深呼吸をして顔と腕にかかる風を楽しんだ。キムがボクの注意を引くために名前を呼ぶまでは。

ボクは眼を開けて彼女を見た。彼女の言った通りだ。

 

「どう—、どうやって乗り切ったのかわからないよ。」

 

周りを見ると、恋人同士のような夫婦がロンドンの街を散歩し楽しんでいた。ボクもあんな風になれたらどんなにいいだろう。

 

ジェニファーにさよならを言ったのはよかったけど、彼女を吹っ切れたのとは違う。自分自身をハリー・スタイルズと呼ぶことに誇りを持てるまでは、まだ時間がかかる。

 

キムの声がまた現実にボクを引き戻した。

 

「でも、あなたがやったのよ。ハリー。それが大事なこと。」

 

控えめに笑うとボクの手を取った。そしてその手を優しく握った。

ボクはまだ今起こったことに動揺していた。

 

「新鮮な空気が吸いたい。」

 

とボクが言うと、キムは賛成して頷いた。

 

「公園に散歩に行こう。」

 

彼女が指を絡めて手をつないだ。彼女が支えてくれたことが嬉しかった。彼女が今ここにいること。ボクのためにいること。

 

運のいいことに、公園にはあまり人がいなかった。小さい公園を選んだのが良かった。あんなことがあったあとだから、ファンやパパラッチに追いかけられたくはなかった。今はキムと一緒に新鮮な空気を楽しみたかった。

 

「ハリー、私はあなたがしたこと誇りに思ってる。」

 

大きな木の下に座ると雨が降り始めた。濡れないように木の幹に近づいて座った。でも、何粒かの雨がボクたちの上に落ちてきた。

 

「ありがとう。そばにいてくれて、キム。」

 

ボクたちは指を絡め合っていた。雨あしが強くなってきた。髪が濡れて、顔にかかった。キムの髪も同じように。

 

「こんなに近くにいる。」

 

キムはそう言うと、優しく笑ってボクたちの手を見た。ボクを微笑ませた。

ボクのもう一つの手が彼女の髪の一束を耳の後ろにかけた。その髪が彼女の邪魔にならないように。キムの視線がボクの視線と合わさった。こんなに気分がいいのは本当に久しぶりだ。ジェニファーはいなくなって、キムがボクのそばにいる。ザックへの金はもう払った。最後の言葉がタイラーはもうドラッグを止めた、になるといいのだけれど。

 

「ボクがキスしたらどう思う?」

 

ボクが思うようにキムも思っていてくれると嬉しい。ボクたちのファーストキスは仕立て上げられたものだったから、もしかしたらこれがジェニファー以来初めてのちゃんとしたキスになるかもしれなかった。彼女への感情を持ったキス。

 

キムは何も言わなかった。ボクたちの顔が近づくのを感じた。彼女の瞳が近づき、数秒ごとにボクは周りのことを忘れていった。タイラー、ザック、ボクの名声—ボクの人生の出来事。今、ただ唯一大事なことはボクの隣に座っているキム。

 

ボクはなぜだかわからなかった。いつも彼女を見るたび、ボクの心が踊るのを。彼女が近くに来ると、ボクの体の全ての細胞がそれに気がついているようだった。その感覚を今も感じることが出来た。もっと強く。ボクの体の中のその小さな震えがこれから何が起こるかを感じ取らせているようだった。

 

ボクたちの唇が触れ合った。完璧に重なり合っていた。雨はまだボクたちに降り注いでいたけれど、気にしなかった。もっと深くキスをした。キムもそれに応えてくれた。でも、ボクは何か不思議な感覚を感じた。何か、ジェニファーに初めてキスした時に感じた。でも、今回は、もっと強かった。キムのほうがボクにはいいんだってことを知っていた。彼女はボクを裏切ったりしない。彼女のことは信用できる。それが大事だ。

 

✘✘✘

 

キムを家に送っていった。彼女がドアを閉めるとやっとホッと息がつけた。今日はボクが思ってもいなかった日になって。ボクがとうとうジェニファーのことにケリを付けて、キムともセットアップではなくキスをすることが出来た。素晴らしい感覚だった。そして今、これを仲間の誰かに話したかった。

 

そして、そうした。

ルイのアパートのドア叩くと、ルイが満面の笑みを浮かべて出てきた。ボクを少し怖がらせるような笑顔。彼はボクに怒ってた。ボクは彼が怒っていることを知っていた。でも、何で今この顔?

 

「おう、ハリー。」

 

ルイがボクを中に呼び入れた。彼の見ていないうちにボクは眉を少ししかめた。なんだか奇妙だ。

 

ボクが中に入ると、その笑顔も消えた。彼はソファーに座った。ボクも隣に座った。

 

「どうした?」

 

ボクは訊いた。彼の方がなぜボクがここへ来たのか訊きたかったろうけど。

 

「俺はお前のこと誇りに思っている。でも、同時に少し戸惑っているんだ。」

 

そう言って、彼の電話をボクに渡した。写真がうつっていた。ボクはそれを見て、眼を見開いた。大きな木の下でキムとボクがキスしている写真。それが世界中に送られるのか。でも、今回はそんなことどうでも良かった。そのキスがボクは嬉しかった。だから他の人が見てもいいと思った。

 

「ありがとう、かな。」

 

ルイに控えめな笑顔を向けた。

 

「でも、どうして戸惑っているって?」

 

ルイはボクから目をそらすと本当に困惑している様子だった。

 

「それは説明できないよ。」

 

彼はボクの視線を避けた。何かを隠していると感じた。でも、何を?

 

「キムのこと好きか?」

 

その質問はボクを驚かした。僕が彼女を好きなことは一目瞭然なはずだ。写真にはボクたちがキスしているところが写っている。ここ数ヶ月何も感じていないたくさんの女の子とキスしたけど、公共の場ではしなかった。

 

「えっと。」

 

ボクは躊躇した。なぜだ?キムのことをどう思っているかわかっていたはずだ。

 

「キムのこと好きだよ。好きすぎるくらい。」

 

そう認めると、頰が赤らむのを感じた。ありがちだな。

 

「お前のこと誇りに思うよ。ハリー。ジェニファーのことで長い間落ち込んでいたから。でも、今—」

 

ルイは言葉を止めて、驚いたようにボクを見た。

 

「何だよ?」

 

ボクは彼の話を遮ってはいなかった。

ルイは眉をしかめると、

 

「お前—、お前、彼女の名前を俺が言っても何も言わなかったな。」

 

ジェニファーのことを言っていた。彼女の名前が話に挙がるといつもボクは機嫌が悪くなった。でも、今日彼女と話をした後、どうでも良くなっていた。

ルイはボクの親友だった。ボクに何かあった時、彼は必ず気がついた。今日もだ。ボクは彼に何があったのか話した。ボクが彼に話したかったこと。

 

✘✘✘✘✘✘✘✘✘✘

 

とうとうハリーはジェニファーを乗り越えた。

そして、ハリーとキムの本当の意味でのファーストキス。

日本でもだんだんとワン・ダイレクションの人気があがってるようですね。

メンバーについてのコメントも待ってます。

Movellasに登録全ての話題を見つけよう. 今すぐ登録しあなたの作品と情熱をシェアしよう。
Loading ...