Hearts of Darkness (Japanese/日本語)

  • by
  • 評価:
  • 公開済み: 20 1 2014
  • アップデートされたもの: 18 3 2014
  • 状況: 処理中
一年の休学の間にキンバリー・コールマンはある“ミッション”に巻き込まれる。それは、45日間の間にあの世界的に人気のあるハリー・スタイルズを元の彼にもどすということ。ここ数ヶ月、ハリーはクラブに出入りし、彼の銀行口座の残高はどんどんと少なくなっていった。グループのメンバーたちはそれを心配し、キンバリーの助けを求めた。ハリーがいったい何をしているのか、誰も知らなかった。一つ確かなことは:今のハリーは世界中の女の子が愛しているあのハリーではなく、グループの将来何て気にしていないということ。メンバーたちが思っているほど、ハリーは本当に変わってしまったのか?キンバリーに与えられた時間は45日。彼女はハリーの奥深くにある秘密を探ることが出来るのか?そして限られた時間の中で元のハリーにもどすことが出来るのか?

0いいね
0コメント
1590見る
AA

18. ✘ ”Bye Tyler, take care of yourself."

 


ここ数日のボクの行動をすまないとは思わなかった。ボクがあの子を家に連れて帰ったところから始まったんだ。丘を転げ落ちるように。もう考えたくなかった。キムとボクは口論になった。彼女が謝ろうとしたときも、彼女を抱きしめて、大丈夫だと言ってやらずに、反対の行動をとった。彼女に出て行くように言って、ボクから立ち去らせた。それをボクは後悔していた。でも、数えきれない回数のルイからの電話、ボクは電話に出なかった。そのあともういいと思った。もうボクのしたいようにするさ。

 

ベッドに横になっていた。こうしているのは今日で5日目。飲むこと以外には何にもしなかった。それでもうちから出なかった。クラブに行って、ザックやタイラーのゴタゴタに巻き込まれるのはごめんだった。外界とのコンタクトを完全断ち切った。ボクが酔っていた昨日の夜から携帯をチェックもしていなかった。

 

携帯の音を消して、引き出しに入れたままにしておいたのはザックのせいだ。タイラーにドラッグをやめさせることはできなかった。ボクはそれが無理だと言うことに気がついた。タイラーが自分でザックをなんとかするしかない。ザックはタイラーにどんなことをしてくるか?

 

そのことを考えないようにした。ボクはそのことをもう考えられなかった。タイラーはボクのいい友だちだった。でも、もう自分でなんとかすべきだ。ボクは何て嫌なヤツなんだ。

 

寝返りを打つとドアのチャイムが鳴った。驚くことではなかった。でも、無視していた。でも、声が聞こえた時、郵便ではないことがわかって、僕の関心を引いた。

 

リーアムだった。

 

「鍵、持ってるから、ハリー。開けないなら、自分で入るよ!」

 

彼がそう叫ぶのが寝室にいても聞こえた。深く大きなため息をついて、シーツをどけた。リーアムはどこにも行かないだろう、ボクが彼のところへ出て行くまでは。

 

「10まで数えるよ、」

 

それを聞いてボクはあきれた顔をした。何でボクは彼に鍵を渡したんだろう?待てよ、渡したか?覚えていなかった。でも、きっと渡したんだろう。ジェニファーのことがある前に。もうずいぶん昔のことだけど。

 

「5、6、7—」

苛立たしくドアを開けると、驚いて立っているリーアムを見つけた。自分で入って来ようとしていたようだ。

 

「何だよ、ハリー。何て顔してるんだ。」

 

それが最初の一言だった。ボクはまたドアを閉めようとすると、彼は足を挟んで、

 

「まあ、まあ、」

 

といってドアを開けさせた。それと同時に口も開けた。

 

「何しにきた?リーアム?」

 

彼の来訪が喜ばれていないことを彼は感じただろう。

 

リーアムは訊きもせずに奥へ入っていった。居間に入るとソファーに上着をおいた。

 

「ボクがここに来たのにはいくつか理由があるんだ。ハリー。お前が全てを聞きたいかどうかはボクにはわからない。」

 

そう言うとボクのソファーに座った。彼に取ってこれは重要だった。じゃないと、無視されてしまうから。クソ、彼は勝った。

 

彼が来た理由を聞く前に、彼の反対側にあるもう一つのソファーにボクは腰を下ろした。これでお互いがよく見える。

 

「説明しろよ。」

 

リーアムは静かに頷くと、

 

「まず一つ目は、お前が生きているかチェックしにきた。5日間も誰にも連絡を取らずに何してたんだ?みんな心配してたんだぞ。ハリー!」

 

彼の力強い声がボクの行動が間違っていることを語っていた。でも、今日やっと、5日もたってからリーアムは来た。マネージャーはボクのことを考えていなかったのか?8日後にはコンサートがあるんだぞ。

 

「で、2つ目は?」

 

リーアムはボクに細かいことを話す気がないことを理解して、続けた。

 

「キム、彼女—」

 

「彼女のことは話したくない。リーアム。彼女はボクに嘘をついたんだ。」

 

「それでお前は別の子と寝たのか。ボクはお前が謝るべきだと思う。」

 

リーアムの強い真実の言葉はボクを驚かせた。ボクの前に座っているのはリーアムだ。本当に大事なことでなければ、こんな話し方はしない。

 

「もう一度良く考えてみろよ。ハリー、」

 

キムが去って以来初めて、もう一度そのことを思い起こしてみた。別の見方で。ボクだけが正しいという見方ではなくて。

 

その瞬間にボクがキムに対してフェアではなかったことに気がついた。彼女は素晴らしい人だったのに、ボクは別の子と寝た。ボクが愛している彼女に対してそんなことをするなんて、何てヤツなんだ、ボクは。そうだ、ボクはキンバリー・コールマンを愛している。でも、ボクは彼女を手にする戦いに負けたんだ。—彼女はボクを憎んでいる。

 

「でも、彼女はボクには関わりたくないはずだ。彼女は—」

 

「それが本当じゃないってこと、知っているだろ、ハリー」

 

いや、知らない。

 

「けど、それもあって来たんだ。キムと話をした。キムはお前のこと好きだけど、付き合う気になれない、といっている。ドラッグやその他のことがあるから。彼女に全部話せよ。」

 

ボクは首を横に振った。

 

「そんなの何の役にも立たない。何て説明すればいいんだ?」

 

リーアムは肩をすくめた。

 

「ボクの前で練習してみれば?僕だって知りたいと思っていたんだ。ハリー、」

 

ボクがリーアムに全てのことを話したことに気がつくと時間が経っていた。完全にすべてを。ボクはボクの中にすべてを閉じ込めておけないところまで来ていた。全てを吐き出した。親友の一人であるリーアム、全てを話した最初の人間が彼で良かった。今、彼はボクのことをどう思っているのだろう。

 

「はあ、ハリー。正直何て言ったらいいかわからないよ。。。」

 

少し息をついた。

 

「ずっとタイラーの借金を返すために大金を使っていたのか?」

 

彼の質問にボクは頷いた。

 

「でも、もう止めることにした。もうここからはアイツは自分でなんとかしないと。賢い選択ではないかもしれないけど、ボクの人生を彼に捧げられない。」

 

リーアムはボクの言葉に衝撃を受けて、何と言ったらわからず、言葉に詰まったようだった。

 

「ボクにはもっと大事なもの、特に人がいるんだ。ボクはそのために時間を使いたい。」

 

リーアムはまだ言葉を失っていた。タイラーとの関係を今ここで切ろう。ベッドに横になっていたあの時間はボクの行動を変えることの源になっていた。認めたくはなかったけれど、キムはボクに影響を与えた。—ただ今までわかっていなかっただけ。全ての彼女の行動、彼女の気遣い、彼女の笑顔、彼女自身。—彼女はボクが今日この決定を下すことを助けてくれた。今はただ行動するのみ。

***

 

クラブの雰囲気を考えても何とも思わなかった。何も言わずに、中へ入った。まっすぐに部屋を横切るとすぐにタイラーが隅に座っているのを見つけた。

 

タバコ、不安そうな顔、携帯をいじっている。何かを恐れているようだ。

 

「タイラー。」

 

ボクが自分の名前をいうと、驚いたようだけれど、その中にボクがここにいるという安堵の色が見えた:ボクは彼の借りを払える。—少なくとも彼はそう考えただろう。

 

「これがお前のために払う最後の金だ、」

 

ボクは突然そう言ってテーブルの上に金を置いた。そして恐怖におののいた表情をしたタイラーを見た。

 

「もうお前の友だちではいられない。ボクがただ一つしていることは、ザックに金を払うことだけだ。」

 

ボクは考えていた通りに事を進めた。タイラーは黙っていた。

 

「礼を言いに来たんだ。今までありがとう。もう二度と会わないだろう。それにボクにも会いにくるな。お前はボクの人生に悪影響を与えた。もう充分だ。」

 

タイラーはボクがそんなことを言ってくると考えていなかったことは明らかだった。そして今、彼はどうやってザックに借りを返すか考えているだろう。困難になることは間違いなかった。でも、それはボクの考え方を変えなかった。

 

「じゃ、タイラー。元気でな。これでドラッグに手を出したのは良くなかったことに気がついてくれるといいけどな。」

 

ボクは誇りに思っていた。タイラーとこんなにも一緒に時間過ごしたけれど、ドラッグには絶対に手を出さなかったこと。彼がボクの目の前でしていたときでさえ。ボクはぶれなかった。今、ボクは良心の呵責に苛まれずにこの場を去ることが出来る。ボクは嬉しかった。そしてほっとしていた。

 

「お前だっていつもいなかっただろ。お前はいつもあの女や他のいわゆる友だちって奴らと一緒にいて。」

 

タイラーは立ち上がると馬鹿げたことを口にし始めた。何のことを言っているんだ?彼のためにいくら払ったと思っているんだ?こんなこというまでに落ちぶれたか。

 

頭に来た。

 

「本気か、タイラー?そこまで落ちぶれたか?お前の気持ちの悪いエゴのためにいくらボクが使ったか。」

 

彼の近くにいるときは、いつもいいヤツでいようとした。でも、もうそれももう今ではどうでもいいと思った。もう終わりだ。

 

「いいか、タイラー?ボクはもうお前に時間を使わない。ばかばかしい。」

 

その言葉とともにボクたちの友情は終わった。もしボクに話しかけてくるなら、無視しただろう。これ以上騒ぎを起こさずにここから出て行きたかった。でもそうはいかなかった。タイラーに背を向けると、茶色の髪の美しい女性に会った。キム。もしこれが別の日だったらボクは微笑みかけていただろう。でも、タイラーの言葉にムカついていた。キムに微笑むことはできなかった。ボクはまたそのトリックに引っかかりたくなかった。メンバーたちが彼女を送り込んできたに違いなかった。きっとリーアムの仕業だ。彼らが彼女なら全て良く変えられると考えていることに我慢できなかった。全てくそくらえ。何も良くなんてなっていない。

 

「ごめんなさい。あなたのこと信じてなくて。ハリー、」

 

もちろん彼女が全てを聞いていたということに気がついた。タイラーとボクが交わした言葉全て。悪いキツい言葉も全て。でも、ボクが本当にドラッグに手を出してなかったことを彼女は知ることになった。ボクはただ友だちを助けていただけだった。

 

「君に話そうとしたけど、君は聞いていなかった。」

 

強く言って彼女から視線をそらした。ボクにとって複雑な状況だった。こんなにいろいろな感情を一人の子に持ったことがなかったし、ドラッグやら何やらの話をしなくてはいけなかった。それにもましてボクは気分が悪かった。

 

「そのことも謝るわ。もし、、、」

 

ここで謝ってキスでもしていれば、話も終わりボクの人生はもっと良くなっていたのに。ボクはバカだ。彼女を遮った。

 

「キム、君はボクを傷つけた。まずは君の身元を嘘ついて、それから本のことで。それを乗り越えるのに時間が必要だ、」

 

そう説明して、彼女の横を通り過ぎた。眼も合わせず、会釈もせずに。ボクに何があったんだ?今、ボクの態度を謝るベストのタイミングだったのに、ボクは無視した。ああ、何てバカなんだボクは。そのまま歩き続けた。自分のうちのドアを閉めるまで。それからベッドに身を投げ出した。バカ、バカ、バカ。

 

✘✘✘✘✘✘✘✘✘✘

 

タイラーに別れを告げたハリー。

キムを拒んでしまったハリー。

これからどうなる?

 

 

 

Movellasに登録全ての話題を見つけよう. 今すぐ登録しあなたの作品と情熱をシェアしよう。
Loading ...